スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XpとAHCIとnLiteとF6回避ツール

わからない人が見たらわからんであろうタイトルですが、ちょっとハマったので一言。

Windows XP(に限らずかな)を入れるとき、インストールの最初で「追加でドライバー入れるときはF6キーを押して」みたいなのが一瞬画面下に出ます。

具体的にはSATAのハードディスクやSSDをAHCIモードで使いたい時に、ここでF6キーを押してAHCI対応のドライバーをフロッピードライブから読ませてインストールします。

これまでそんな場面に遭遇したことが無かったのですが(というかそんなときはBIOSでAHCIモードからIDE互換モードにしてトラブル回避してインストールしてた)、今回AHCIモードしかないというPCであったためにこれをしなくちゃいけなくなった。

F6キーで外付けUSBフロッピードライブからAHCIドライバーを入れ、ハードディスクというかSSDもうまく認識、SSDのフォーマットも終わってファイルコピーが開始・・という段階で「*****.sysが見つかりません」というメッセージ。この*****.sysはフロッピーディスクに入れてあるAHCIドライバ。

ちなみに今回は、インテル製だけどちょっと特殊なチップセットのAHCIドライバをフロッピーから読み込ませていて、そのドライバのファイル一式はインテルから落としている。いわば王道の物だけに「えええ」という感じ。

次にトライしたのが、XPのインストールイメージにAHCIドライバを統合させてインストールしようという手段。ここでnLiteというソフトを使ってドライバー統合イメージを作成。この手のソフトの有名どころ(だと思う)。

順調にインストールが進んで・・と思ったら今度は「コンピュータにハードディスクがインストールされていませんでした」とでて先に進めない。さっきはSSDは認識してたので一歩後退。

どーゆーこった??・・・ということで答。

まずF6でフロッピーからドライバーを入れたのに駄目だったのは、ファイルコピーの段階で外付けUSBフロッピードライブが認識されなくなったから。調べてみるとMicrosoftのサイトに対応可能なフロッピードライブの一覧が書いてあったりして、今回使ったUSBフロッピードライブは載っていなかった。

なので正解は対応のUSBフロッピードライブを使いましょう・・なんだけど、持っていません。

次にnLiteでのドライバー統合イメージが駄目だったのは、要は統合に失敗してたんだと思う。ドライバに含まれるoemsetup.txtをなんちゃら・・とか調べるといろいろあったのだけど、最終的に「F6回避ツール」で新たにAHCIドライバ統合イメージを作ったらうまくいきました。

という覚書。

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

これまでのパソコン遍歴を並べてみる-その1

今まで自分が買ったパソコン、職場で支給されるなりでいろんな場面で使ったパソコンから印象に残ったものを特に意味も無くまとめて眺めめてたんだけど、ちょっとそれぞれに一言書きたくなったので書いてみようかと思う。

なんで書いてみようかと思ったかというと、最近年のせいか昔の記憶が飛んでる事があって(わりとショック)思い出しがてら。

以下、スタートはだいたい1993~4年くらいからで大体時系列順。◎は自分で買ったパソコン、○は仕事で買って公私混同して使ってたパソコン、●は嫁用に買ったパソコン、△は譲り受けたパソコン。

これ以前、DOSの時代にもPC88とかPC98とか使ってたけど、その頃は全くパソコン野郎ではなく思うところも特に無いので割愛。

○IBM ThinkPad230Cs
◎ソフマップFMV486マシン
◎ソーテックの386ノートパソコン(名前忘れた)
◎IBM ThinkPad535
○DEC High Note Ultra
◎Sony VAIO 505R
◎名もない自作機
●Sony VAIO L
◎Sony VAIO C1
◎Sony VAIO PCG-GRV88
●Sony VAIO PCG-GR55
○Sony VAIO PCG-SR9
◎Panasonic Let's Note CF-R2
◎HP mini 2140
◎Lenovo ThinkPad Edge11
●Lenovo G560
△Panasonic Let's Note CF-R6

こうやって見るとノートパソコン好きである。予想外に少ないかな買った数は。Dynabookとか買ってても良さそうだけど買ってないっすねー。実際には仕事では沢山のDELLのデスクトップを使ってるんだけど印象なし。

VAIO沢山買ってるなあ。この頃のVAIOはブランドとして何かを持ってた。

つづく・・(続かないかも)

テーマ : パソコン購入
ジャンル : コンピュータ

no default or ui configuration directive found

気づけば前回のエントリーから一ヶ月経つので何か書かないといけない。

ということで、思い立ってubuntuをインストールしようと思った。
インストールするPCはSSD化したLet's Note CF-R2
isoイメージを落としてCD-Rに焼いてCDブートでインストールしようと思ったら起動の最初で、

no default or ui configuration directive found

と出てなんにも進まない。ググったらそれらしい情報に当たるのだけど、USBメモリでブートさせた場合に出る問題のようで僕のぶつかった症状の情報が無い・・と思ったらisoイメージを焼くときのソフトに依ってそんな症状がでることがあるとかないとか。

で、ubuntuのwebサイトに書いてあったCDBurnXPを使ってブートCD作ってやったらインストールが始まった。インストーラの段階で無線LANアダプターを認識している、すげーな。

続く・・・

P.S.
ご心配をおかけしている皆様:毎日まだ大変なんですが、一応皆元気にしております。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

ユニバーサルサービス料+手数料 =322円 @Yahoo BB

今年の8月から何故かYahoo BBから322円引き落とされるようになった。昨年3月にYahoo BBからeo光に乗り換えたのでその絡みだと思ったのだけど、なんだこりゃ意味分からん聞かなきゃと思って、今日Yahoo BBのサポートに電話。

Yahoo BBでは****@ybb.ne.jpというアドレスが使える。ちなみにフリーの****@yahoo.co.jpも同じアドレスで使える。eoに乗り換えるときに「半年間そのまま@ybb.ne.jpのアドレスを保持できますよ」と言われたので「そうしてください」と言ったのだけど、どうやらこれをそのままほっといたらybbのサービスを利用していますってなことになってたようで、その費用が請求されていたようだ。

「明示的に解約の手続きをしないと契約は継続となり料金が発生します」「契約というのは口頭で伝えた内容か?」「そうです」「記憶間違いの可能性があるが、口頭では半年@ybb.ne.jpが保持されるという話しか聞いていない」・・等々のやり取りをした後に数ヶ月分の返金に応じてくれました。

解約したの昨年の3月なのになんでこんな半端な時期から請求?よくわかりませんが、印象は宜しく無いですね。

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

CFD CSSD-PMM64WJ2を生き返ったCF-R2に載せてSSD化してみた

cfd_ccsd_pmm64wj2.jpg

直前の記事で長年愛用してきたLet's Note CF-R2がお亡くなりになったと書きましたが、あれ以降しつこく蘇生術を施しまして生き返りました。

起動途中でブルースクリーンになるので最初はHDDを疑ってたんだけど、原因はオンボードメモリが基盤からちょっと浮いてしまったからのようです。筐体とチップの間にゴム板を敷いて無理に抑えるという方法で解決し、生き返らせることができました(根本的解決じゃないけど)。先人たちの知恵をググル先生から教えてもらい解決に至りました。

自分のPC環境は既にSSD化したCF-R6に移してるのだけど、CF-R2も使えるなら使い続けたい。どうして使い続けようかと考え、CF-R6で非常に効果の高かったSSD化を試みることに。

ご存知の方はご存知ですが、IDEインターフェイスのCF-*1あたりからCF-*5あたりの店頭販売のLet's NoteのHDDは特殊品で、HDDを増強しようとすると、買ってきたHDDのピンを一本を折るというちょっと素人さんならためらってしまう儀式が要ります。

SSD化の場合さらにややこしくて、私を含めて普通の人は手を出したくないなという各種儀式が必要。

今回はCFDのCSSD-PMM64WJ2という64GBのSSDを買ってきて取り付けました。こいつは優れもので何かと改造が必要なIDEインターフェイスのLet's Noteに何の改造もなしに搭載することができます。価格的にはGB単価がSATAの2倍くらい違うんですが。

今回は元々のHDDでまず初期化を行って、上げられるところまでWindows UpdateしてからMigrate EasyでSSDになにも考えずに移動して、分解して入れ替え。あっけなくSSD化できました。

体感的にはやはりかなり早くなります。一番驚くのは起動の速度。起動時のプログレスバー?が2回行かないうちに起動します。とはいえ、いつも休止状態からの復帰で使うんですが僕は。

CF-*5あたりまでのLet's Noteを使い続けたい方にはいいものかと思います。

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

CF-R2からCF-R6へ

cf-r6_cf_r2.jpg

写真右は足掛け9年くらい使っていたPanasonicのLet's Note CF-R2、B5サイズのモバイルノートPCなんですが、ついに先日お亡くなりになりました。

昨年にThinkPad Edge 11を購入し、外出用モバイルとしてはそっちを使っていくつもりだったんですが微妙に重い。そんなわけで結局CF-R2で外出することが多かったこの一年。CF-Rのシリーズは1kgを切ってるのでかばんに入れて持ち歩くときに楽ですほんと。CPUパワーをあんまり要求しない使い方をしてたので十分役に立ってました。

で、いろいろ事情があって変わりに譲り受けたのが写真左のLet's Note CF-R6。B5サイズのCF-Rのシリーズは既にCF-R9で終わりになっており今は入手することができませんが、R6は今現在で見てもかなり前のモデルになります。

CF-R6はCF-Rシリーズ最後のファンレスモデルになります。作るほうにファンレスにこだわりがあったんでしょうね、熱的にとても苦しいモデルでLet's Noteの黒歴史になっているようです。

今回譲り受けたこのCF-R6も10分ほど使ってたら猛烈に暑くなり速度低下、その後有無を言わさず休止するという、なんとも使えない状態になっておりました。

熱の問題はCPUと放熱部を繋ぐグリスを熱伝導率がいいものに塗りなおせばいいという情報を得ていたのでそのために一回分解しないとなと考えていたんですが、どうせ分解するならSSDにしちゃおうということで価格コムで見て安かったA-DATAってところのAS510S3-120GM-Cという120GBのSSDを11980円で買ってきて換装しました。CF-R2もSSDにしてみたかったんですがHDDのインターフェイス規格がIDEで古い(=高くつく)ので踏み切れませんでした。

TrueImageでHDDクローンを作ろうとして昨晩ちょっとはまっちゃいました。相性問題っぽい感じでUSBのケースに入れたSSDの認識がうまく出来なくって。今日MigrateEasyでやったらすんなり完了。同じAcronisの製品なのに。

今のところ、快適です(換装後5時間くらいですが)。これから数年はモバイルPCとしてこいつを使い続けることになるでしょう。

ちなみにCF-Jのシリーズには微妙に惹かれません。CF-Rに準じるシリーズの復活に期待するところであります。

テーマ : ノートパソコン
ジャンル : コンピュータ

突然眠るThinkPad Edge 11

使い始めて2ヶ月くらい経ったThinkPad Edge 11、もう完全にメインで使っているマシンとなっているのだが、何回か困った事があった。

バッテリーとか十分残っているのに突然画面が暗くなり眠って起きないのだ。設定上はスリープは移行しないようにしている。

普通はスリープに移行するとThinkPadのiの時の点にある赤いLEDが眠ったような点滅になるのだが、この状態だと点灯しっぱなし。見た目はスリープしているでもなく、でもHDDやファンは止まっている。こんなことがそれなりの頻度で発生。

このスリープしたような状態から何をしても目覚めなく、最終的には電源ボタンを長押しすると停止し、そして起動。

そうすると、俺作のフリーソフトたちの一部で、アプリケーションの設定ファイルがきちんと読み込めなくなり初期状態のようになってしまう。これは俺作のソフトの作りが悪いってのが原因だろうけど。

ThinkPad Edge 11のハードのせいなのか、Windows7のせいなのかわからないがなんだろこれ?これは危機的というほどのことではないんだが・・。

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

ThinkPad Edge 11 購入後一ヶ月

ThinkPad Edge 11のヒートウェーブレッドの奴を買って今日でちょうど一ヶ月、Windows7にも慣れてほぼメインパソコンはCF-R2からEdge 11になった。振り返って感想を書いていきます。

  • トラックポイント使いやすし。トラックパッドは殺して使ってるけど要らないというわけではなく、デザイン的にはあったほうが何か満足感を満たせる。ちなみにトラックパッドも割と使いやすいほうだと思います。

  • 重さ1.3kg(3セルバッテリー)だが、やっぱ持ち運ぶには重い。Let's Note のRシリーズってすごいよなと改めて思ったが、俺的にはThinkPad Edge 11のほうが物欲感を満たせる。まじめに仕事に使おうって人はやっぱLet's Note CF-RシリーズもしくはTシリーズだな。

  • 3セルバッテリーだとやっぱ時間がもたない。比較的負荷の少ない俺の使い方だと2.5時間くらい使えるけど、ちょっと動画見たり、コンパイラがりがり使うととたんにバッテリーが減っていって一時間半くらいでアウトかも。この点もLet's Noteって優秀だよなぁと思うも、ThinkPad Edge 11のほうが物欲感を満たせる。

  • これは何か調整したらいいのかも知れないけど、バッテリーインジケータが50%くらいから突然6%とかになったりする。

  • LENOVO独自の機能なのか分からないけど、バッテリーの満タンレベル、充電開始レベルが設定できる。バッテリー延命措置には満充電にしないほうがいいので親切かも。

  • アイソレーションキーボードのよさがわからんが、特に不満なし。キーボードの隙間にごみがみえないかいいかな。

  • ヒートウェーブレッド、赤い天板が目立ちます。新幹線でパソコンを使っている皆さんの熱い視線を感じますがきっと気のせいです。ただし天板が指紋でべたべたです。

  • Pentium U5400、もたつきを感じるかというとこれより速いPCをあまり使ったことがないのでわからんのです。バッテリーの持ちがいいかなと思ってCore iじゃなくてPentium U5400にしたけど、あんまり差がなかったかも。

  • パソコン本体がほとんど熱くならない。これはPentium U5400だからかな?CF-R2だとパームレストのあたりがやたら暑いです。


とにかく満足感は満たせています。レビューになってないな。

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

ThinkPad Edge 11 レビュー Windows7 & VC6++編

ThinkPad Edge 11を購入して届いて数日、これまでずっとWindows XPで過ごしてきた私もついにWindows 7マシンを使う事となってしまった。

私はあんまりハードウェアスペックには興味がなく、どちらかというとローエンド志向、昨年もずっと使ってきたCF-R2が壊れたときにネットブックHP2140を買ったのもローエンドで評判がよければそれでいいという思いからであった。(その後、いろいろ工夫をしてCF-R2は復活して、結局メインはCF-R2になってる)。

しかしあの時はCF-R8がやたら安売り合戦をしてて6万ちょいでR8が買えた。あんときR8買っとけばよかったと後悔・・・CF-R9は安売り合戦にならないね。今はCF-J9が人気みたいで、もしかしたらいつかCF-J9が安売り合戦になるんじゃないかなんて思うもそれまで待てない。

もうひとつ開発環境としてVC6++が使いたくって、Windows 7だとVC6++がだめかもなぁと思いWindows 7に移行に踏み切れなかった。Windows XPでもVC6はデバックで実際には問題抱えてたしね。ところがいろいろWEBサイト見てるとどうやら使えそうだということで購入に踏み切った。VC6++は開発環境としてはとても軽くて使いやすいので今でも使い続けている人は多いみたいだね。

ということでThinkPad Edge 11の性能そのもののレビューではなく、Windows 7とVC6++は使えるのかという視点からレビュー。

前にも書いたけどThinkPad Edge 11そのものはPentium U5400をチョイスしてて、特にこれで実用上問題なし。後ろに出っ張るのが嫌で6セルじゃなくて3セルバッテリーにしてるんでバッテリーの持ちがインジケーターで満タン3時間弱ってのが気になるくらいか。

あと、トラックポイントとトラックパッド2つを備えてていわゆるマウスボタンが4つある。実際使い出すとトラックポイントが楽チンなのだが、トラックポイントを使ってると、左クリックをしたつもりが反応がないことがあって、そんなときはトラックパッドの右クリックボタンを手のひらで押しちゃってるのだな。まぁ慣れたら問題なし。HP2140のパッドのボタン配置に泣かされたのよりはぜんぜんまし。

さてThinkPad Edge 11、OSはWindows 7 Professional で無駄に64bit版だ。嫁のLENOVO G560のときもそうだったけど64bit版しか選べないのか?LENOVOは??

さてこれにVisual C++ 6.0を入れたらどうなるのか?結果を言えば、使えています。
VC6++をそれなりに使えるようにしようと思うと、

・ Visual C++ 6.0本体
・ MSDNライブラリ
・ ServicePack 6(SP6ね)
・ Platform SDKのVC6対応の最後のやつ(バージョン忘れた)

を順番に入れていきます。

まずVC6++本体のインストール、問題があるのだなんだかんだと文句言われますが気にせず進めばインストールできます。次にSP6。これはまったく問題なくインストール完了。ついでPlatform SDK。これでつまづいた。

こいつに入れるPSDKはブラウザーを起動して、そこからなんだかのActiveXコントロールさんを介してインストールするんだけど「64bit版のOSは64bit版のブラウザーから入れろ」みたいな文句が出てきて、じゃあと64bit版のIEでやろうとするとエラーになる。

結局、Platform SDKの中に「setup」というフォルダがあって、実際のインストーラーはそのなかにCoreSDK-x86.msiみたいな名前でいくつかあるので、それを順番にインストールした。これで問題があるかないかわからないけど、いろいろ試した限り問題なし。

といったレビューでした。

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

ThinkPad Edge 11 by LENOVO キタァ

注文してたThinkPad Edge 11届きました。注文してからほぼ2週間、長いなぁ。

値段は16%引きクーポンを使って52567円。ネットブック以上、ノートパソコン以下?のCULVノートといったカテゴリーになるんでしょうか。CPUはインテル Pentium プロセッサー U5400。core iも選べるんだけど、オイラはそんなにCPUにパワーを求めないのでこっちにしました。

thinkpad_edge_11_1s.jpg


天板の色は赤です。ThinkPad好きなら選ばないであろう赤色です。

とはいえ、オイラはもともとThinkPad 230Csから始まって、ThinkPad 535は公私に渡り数台使ってた、わりとThinkPad好きであります。当時のThinkPad 230Csの買値で、このThinkPad Edge 11が6台くらい買えます。

しかし、初期型の無印VAIO505が出たときからソニーVAIO派になりました。数えると、5台くらいVAIO買ってます。ただ、VAIOはスリムデスクトップのVAIO L初期型以降から、どうも魅力が無くなったかな。カメラ付きのVAIO C1なんてのも買ったが活用した記憶が無い・・。VAIO505は今も手元に残っております。

6セルバッテリーにしようかなと思ったけど、見た目がかっこ悪くなるので3セルバッテリーにしました。こいつは定価?は59800円だけど、合計金額が6万以下だと割引率が12%でそんなに良くないので、OSをWindows7 Professionalにして6万を超えさせることで割引率を16%にしました。結果、そのほうが安くなったんで。

thinkpad_edge_11_2s.jpg


同じくらいの値段で、今は無きSOTECのノートパソコンを正月の特売セールで買って「安いな」なんて思ったのは遠い昔の記憶です。CPUはintelの386。みかん星人スクリーンセイバーが人気だった頃です。

thinkpad_edge_11_3s.jpg


左からThinkPad Edge 11、今のメインマシンであるLet's Note CF-R2、去年買ったネットブックHP 2140。手に持った印象は、HP 2140よりも重いはずなんだが軽い印象。やっぱLet's Noteは軽いんだけど、忘れることにします。こうやって見るとHP 2140意外とでかいな。

さて、いろいろ設定するかと思うも、疲れたので今度の休みにします。

テーマ : PC買い替え
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。