スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスマーチが響くのを見た、その後

デスマーチが響くのを見た、のその後です。

作ったシステムを他のシステムと結合というところで大問題発生、しかし別の手立てでなんとか動くものはできました。

僕はこれで納品でいいんだけど、何故かめでたしめでたしとならず。今回は本来仕上げるべきものにどうも開発先の会社が社運を掛けていたらしく、開発先の偉いさんがそれじゃダメと開発者に詰め寄って板ばさみになったらしい。

板ばさみになって偉いさんに下手に言い訳した開発の人が、どうも発注元(僕)に落ち度があって開発が遅れたみたいなことを言ったらしく、それを相手の偉いさんが僕に詰め寄ってきた。だけど、全くもって濡れ衣なので僕はわけわかんないので???状態。

状況を理解して整理するのに半日掛った。なんで状況を僕が推察して整理せにゃならんのだと思いつつ。

結局契約書に全部書いてあるとおりだったので、相手も納得して一安心だと思ってコーヒー飲んでたら、たぶんまたまた怒られたであろう開発の人から電話。超長電話。

もう何言ってるか分からない状態。「**さん(俺)の想いは分かりました、努力します!」とか言ってるんだけど、想いもなにも無いよ。今の出来でいいしちゃんとここで支払うって言ってるのに、本来の開発物を仕上げるお時間を頂けて幸せですみたいな感じになってる。

そこそこいいものに仕上げて僕は頑張ってくれたと感謝してるのに、自分で自分の首絞めないと偉いさんが納得しないんだろうなあ。

落とし所をそこにしないとダメみたいだから付き合ってあげるけど、一番悪いのは相手の会社のえらいさん。そこに何で僕が気を使わないとダメなのだろう??

・・と文章にまとめてなんとなくすっきりしたので寝ます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。