スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Office365を仕方なく使ってるのだがSSL/TLSで引っかかる

最近、使いたいわけでもなくOffice365でメールを使うことになったのだけど、私のメール物のソフトがいっせいに動かなくなってしまった。まあ、めるちゃかとかこれとか。

Office365は最近の流儀に従って基本、SSL/TLSでの通信になるのだけど、ややこしいのがSMTPの場合SMTP over SSL(SMTPS)ではダメで、STARTTLSじゃないと動かないらしい。前者は最初からSSLでSocketのコネクションを張るのだけど、SARTTLSは最初は通常のASCIIでの通信で開始して、SARTTLSという指示と共にSSLを開始するという手法。私のメール物ソフトはこれまでSARTTLSには対応させてなかった。

というのも今まで見てきたどんなメールサーバーも基本両方に対応してたから、必要性を感じなかったので・・・

そこでSTARTTLSに対応させてみた。理屈は簡単で、クライアント(メールソフト)からSTARTTLSと送って、肯定応答、今回の場合220 STARTTLS Readyみたいな応答がきたらそこでSSLのハンドシェイクを開始する、普通のSMTP over SSLはじめるだけ。

軽く実装して最初にGMAILで実験すると成功。さてOffice365でと思うと・・動かん、なんで?SSLの実装にはSSPIというMicrosoftのAPI使ってるし、相性悪いとか無いよな・・・

で、いろいろ調べてみると、Office365のSSLの暗号化キーみたいなのがとんでもなく長くってそこでエラーを起こしていたようだ。要は私のソフト郡が長めのキーに対応できないバグを持ってて、それを見つけることができてよかったのだけど・・・(もともと、MSのサンプルコードを参考にしてたんで同じ問題に直面する人いるのではないかな)

ということで、そのうち新しくなったこれらのソフト、上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。