スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄菓子屋で売ってたパチンコ

まだ僕が子供の頃は、駄菓子屋というのがかろうじてあった時代でした。

僕の駄菓子屋のイメージは、ちびまる子に出てくる紐の先についた飴みたいなのを売ってる場所というよりは、どっちかというとアウトローなグッズ、例えばパチンコ(かっこ良く言うとスリングショットね)とか銀球鉄砲とか、巻いた火薬の紙でパンッと音が鳴るあれ正式名称なんていうんだろうな?とか地面とかに投げつけたら爆発する癇癪玉なんて奴が売ってる、男の子の夢が詰まった場所でした。

他には、アイスを買うとですね、そのアイスの棒を組み立てると竹とんぼになるなんて素敵なものも売ってました。いやもう、当時は素敵すぎて何個も持ってました。駄菓子屋以外でも売ってたけどそれは。

で、なんとなくだけどその頃、駄菓子屋と文房具屋が似たようなポジションで勝負?と言っていいのかな?をしていたような記憶があります。今日はどっちに行く?みたいな。例えば、みんな大好きスーパーカー消しゴムは文房具屋で売ってたけど駄菓子屋には無かったみたいなあったみたいな。

いやね、どこで知ったか知らないけど息子が「パチンコ欲しい」とか言い出したんですよ。ちょっと調べると、僕が子供の頃に手にしていたようなY字型の棒にゴムが付いたようなおもちゃっぽいのなんて全然売ってなくって、本格的なスリングショットしかヒットしない。しかも危険玩具扱い。

実際、親の立場としては持って欲しくないなあと思うも、僕が同じ年くらいの時はそんなので遊んでたしな~。どーも生きにくい時代だ。

仕方が無いので、針金ハンガーを加工して100円ショップで太めのゴム買って、簡単なパチンコを作って上げました。よく考えたらパチンコって駄菓子屋で買うものじゃなくって拾ってきた枝なんかで作るもんだよね。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。