スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死を迎えるための長くて短い数か月でした(完結編)

・・前回の続きです。

本当は家族葬ということで喪主である親父と僕夫婦&妹夫婦、若干の親戚くらいでつつましくお経を読んでもらって終わり程度のつもりだったのが、僕が会場に戻ると母親のお友達おばさん軍団が来ていて既に家族葬じゃない雰囲気になっていました。

母逝去の情報は近親者にしか流してなかったのだけど、ちょっとした隙間から情報が出てあっという間に行き渡ってたんですよ。母親は交友関係が広い人だったので、もうわんさかと人が集まってる。

葬儀の進行は親父に任せてたのだけど、想定外の事態に既に飽和してて動けなくなっていました。というか既に酒飲んで酔っ払ってるよなこれ?

これは困ったと思ってたら、ここでちょっと見た目が怖い葬儀屋の社長さんが登場。「話が違うよ長男さん・・」とか言われるのかなと一瞬思ったけど、てきぱきと会場を整理の上「司会はない家族葬ですよ」としていたのに自ら司会進行を急遽してくれて式の進行が出来る状態に。なかなかの美声での名司会。

事務所の雰囲気等も併せて社長さんはアッチ側の人かもと最初に思っちゃったんですが、実はすごくいい人で式の進行を翌日の葬儀も含めて最後まですべて執り行ってくれました。

ついでお坊さん。最初に見たときはニット帽/ジーンズ/グラサンといううーんこれなんてーのかなDQN?という印象の人だったんだけど、袈裟に着替えてお経を読んで貰うとこれまた見事な、参加者を巻き込んでの独特な読経。

参加した母親の友人の皆さんが「こんないい葬儀は初めてだった」と口を揃えて言うという不思議と良い感じの通夜と葬儀となりました。

実は戒名は付けない予定だったのだけど(その分お布施をけちってるw)、お坊さん側であれこれ熟考してくれたようで戒名も持ってきてもらって。家族も納得の戒名だったのでそのまま頂くことにしました。これまた感謝。

そして母は灰となり、土に還って行きました。

以上、ほんの数日間でどたばたと色々ありましたが最終的には非常に良い葬儀となり、亡き母も満足しているんじゃないかな?と思っております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。