スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECサイトでの売上が伸びないので困った

さて、前回ECサイト開設のエントリーをしたがかなり伸び悩んでいる。前回はビジネスそのもののストラクチャーの悩みだったが今回はマーケティングの話。

製品は自社製造の品で、品種があるわけではなく、ピンポイントである商材を販売する。仕入れて売ります、という商売じゃ無い。

たぶん経験者で、その道で成功しているであろう知人にパッと見どうよと聞いてみた。まとめると

1)製品イメージのためのサイトとしてはいいんじゃないの
2)でも売ることを目的としたサイトの作りじゃないよね

耳に痛い。どっちつかずなのは事実。

「売るためのサイト」は一ページにこれでもかと情報を詰め込んで、どどっと縦に長いWebの作りにしたほうが効果的だそうな。個人的には美しくないと思うのだけど、売るための法則に従うとそうだと。楽天なんかのサイトはそんな作りのサイトが多いけど、理にかなってるらしい。

3)「これがどんなシーンで使えて」「どんな効果が得られる」がようわからん

ユーザーさんへの訴求ポイントとして、投資に対する対価なんなのって所がわからんと。
そのとおり。ごまかしてるわけじゃないけど、売ってるもののそのカテゴリーにおける立ち位置が微妙でそこを明言することをあえて避けている。

4)安心感が無い、ブランド力という意味で。

ブランド力に関しては、無いわけじゃないけど諸般の事情で効果的に展開できない。

---

今回のECサイトを使ったビジネス、Webのみではなく実はTVや雑誌メディア、ほんで当然Webメディアも利用しています。

直感的には、TVは応答特性としてゲインは大きく時定数が短い。雑誌メディアは未知数だけどゲインは小さく時定数は短いが予期せぬ応答がある。環境変数に近いものかもしれない。Webメディア(情報サイト、協力ブロガー)はゲインは中規模で時定数は長い。

そんな状態空間で様々な手立て(費用、工数)がインプットとなる。これらの状態空間を目的値(この場合目標とする売上とかその変化率)を最大化させるための手立てを考える。一種の変分問題として捉えております、ハイ。

テーマ : インターネットビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。