スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ioPad5の/system/build.propのro.sf.lcd_densityを変えてみた

ioPad5の液晶の解像度というか画素数は800x480。Androidスマホは同じ解像度で4inch程度。これを7inchで使うので、各々のパーツがでかくなって間抜けな感じである。

色々と調べてみると、/systemにあるbuild.propファイルに記述があるro.sf.lcd_densityという項目の数値を変えてやればいいとある。名前の通りLCDの密度がどんくらいだよと設定する項目なんだろう。初期のファームの設定ではこれはコメントアウトされてたが、ro.sf.lcd_density=162としてみた(この数値がいいよみたいなのがどっかに書いてあったので)。

結果こんな感じなった。

おお、タブレットだという感じ(元との比較がないから分かりにくいか)。見た目のまぬ~感が無くなった。アイコンの文字なんかがちょっと小さくなるのかな。TwitterクライアントやらGoogle+みたいなアプリも表示される情報量が増えて使いやすくなった。

マーケットアプリの制限なんかもこのbuild.propに記述されている項目をいじればいいとあって試してみたのだがこれはうまくいかなかった。

今までいまいちandroid触ってていろいろ遊びたいなとかソフト作りたいなというモチベーションが湧かなかったのだけど、ちょっと湧いてきたかも。Windowsでいろいろソフト作るようになった原点って、Windows3.1時代にこの手の設定関係に凝ったのが始まりだったんだよね~。設定関係で満足できない部分をフリーソフトで補う、それでも足りないものを自分で作るといった感じで。

ioPadは今HaiPadのファームで使ってるのだけど、android2.3になってSkypeが使えるようになって使用頻度があがった。うちの子がじいちゃんばあちゃんとのioPadでビデオ通話に使ってる。じいちゃん(親父)は今まで10年くらい前のVAIOのデスクトップ使ってたんだけど、こないだACERのAspire AS5750 AS5750-N52C/Kというのを買って(やけに安いんだな今)パソコンでSkype使えるようになったので、ちょっとした生息確認にも使ってるといった感じ。

テーマ : タブレット関連
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。