スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ioPad 5が文鎮化しかけたのでファームをHaiPadのものに入れ替えたらAndroid 2.3になった

イオシスで買ったioPad 5、そこそこ使ってるんですが、中華フォントなのを日本語フォントに入れ替えたくなってトライしてみた。

ioPad 5はDropad A8とかHaiPad M7と物は同じだということでそこらへんの情報を参考にrootを取得して/system/fonts/に日本語フォントを入れて再起動。

すると・・ドロイド君が最初に出て、次にioPadの起動画面が出て次に「ANDROID」の文字で起動するはず・・なんだけど途中で止まってブラックアウト。あれ?

もう一回電源スイッチ入れるとドロイド君が出てioPadの画面が出てそこでブラックアウト、ANDROIDの文字が出るところまで行かず。悪化。

これが、文鎮化という奴か?困った。

そこで物は同じなんならということで、HaiPadのファームをここから落として入れてみることにした。ちなみにファイルサイズの割にむっちゃくちゃ時間が掛かります落とすのに。

ファームのアップデートのやり方は、落としたファイルを解凍してMicroSDにまるごとコピー、電源を落としたioPad 5に入れて、menuボタンを押した状態で電源ボタンを押すとファームウェアアップデート開始。

さて起動するか・・・わりとシックだった?ioPadの起動画面に変わり、派手な「HaiPad」の起動画面でioPadはAndroid 2.3のHaiPadとして生き返りました、ホッ。

HaiPadとなった事で諸々困りごとも発生したんですが、一番困ったのは無線LANデバイスのMACアドレスが起動とかDisable->Enableとかする度に違うものになる(ハード的にいいのこれ?)。

DropadとかHaiPadのWikiなんかには書いてあったので、そんな現象があるのは知ってたんだけど、ioPad時代?にはMACアドレスが変わることは無かったので。私の家のWiFiルーターでは接続機器のMACアドレス制限を掛けてるので、当然ながら全然繋がらない状態に。

仕方が無いのでルーターのMACアドレス制限を解除しました。

もともとioPadはやけに無線LANの接続性が悪かったのだけど、なにか関係あるのかなぁ?MACアドレス制限を解除したら接続性が良くなった気がします。

あと起動時のHaiPadの画面が少し下品目で派手。これが嫌だったので、落としたファームの中にあるlogo.bmpというのをシンプルなのに変えたら起動画面がそれになった。日本語フォントもファームの段階で入れたらいいのかな?これは未トライ。

ってな覚書です。

テーマ : android
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。