スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産官学連携だとか産官学民連携だとか

先日、某団体の某会議というか研究会というのに参加した。いわゆる「はこもの」団体が旗振りをして「環境を考える」みたいな題目で行われた研究会。
kyosho_lamborghini_countach_lp5000s_white_081028.jpg

以前この手の事を主催する側に居たことがあるのだが、独特の「社交辞令で和気藹々」な雰囲気は久しぶりだ。企業や大学、いろんな団体の「なんちゃら室」とかスタッフ連中がお付き合い半分で来てて、エンジニアが半分みたいな。

内容は某独立行政法人の研究者の研究事例、某企業のビジネスビジョンみたいなのの報告会みたいな感じで終ったら質疑で和気藹々って感じ。そこらへんはまぁ面白かったりする。今、某KカーのスペシャルアイテムのiMI●Vの、あれって目指すのはエコなんだけど、実はやったら速くってみたいな話があったり。

んで質疑とかも、とんがった人が変な(というか鋭い)事言ったりするから面白かったりもする。で、たまに「他にご質問ありませんか」みたいな時にシーンとしちゃったりする。そんな時、気を使って主催者に近い側のスタッフが挙手したりするのだな。

で、「これから産官学連携によってすばらしい効果が期待できる・・」とかなんとかかんとか意味不明なことをのたまいだす・・・。

久々に聞いたよ「産官学連携」。「産官学民連携」とか言ったりもするが、言葉だけだと単なる装飾語、玉虫色の言葉だ。国とか自治体とか団体とか、そういうのに近いところって、この言葉良く聞くんだよね。

現状では「エコ」とか「環境」とかも似たようなところがあるのだけど、「はこもの」の人たちにとってはこの手の言葉は単なる装飾アイテムだ。

その効果みたいなのを定量的にいえない、そんなところに、あまり機能していない「はこもの」な連中が物凄く沢山・・居ます。

まじめにとは言わんが、もっとロジカルに事を進めないとネ・・・・

と書いてみる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。