スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の予算を使った研究開発を全く独断で斬る-その1

前回のエントリーから一ヶ月以上空いたのですが、この間何をしていたのかというと本業のほうで偉い目にあっていました。本業は何かというと研究開発のお仕事、その予算の源は国から流れてきた助成金のようなもので、年度末の道路工事のように舞い込んで来たお仕事になります。

詳しくは書けないけど。

僕はここ数年、この手の国の予算で行う「****事業」とか「****補助事業」とかに直接、間接に関わってきました。

ただどれも予算的には大規模な割に内容的にはしょぼくって、何らかの課題を解決するとかいう物でもなく新しいチャレンジをするでも無く、事業を推進してる何らかの主体に居る人が自分(達)の居場所を作る為のもの、というある種の天下りに似た構造が背景にいずれも見え隠れしてます。

ここ一ヶ月は某有名大学から恫喝に近い状態で内容は「アホか」と思うような事をさせられ、愛想が尽きたので最後にテーブルをひっくり返す準備をしつつ、頭の整理がてらつらつらと思うところをシリーズで書いてみようと思います。

ようやく一息ついたので、今日はとりあえずその予告文書。
スポンサーサイト

更新が滞ってるので

維持カキコ。
書きたいことあるのだけど、人間関係的な愚痴になるので書きにくいネ。

風邪引いた

土曜に39度くらいの熱が出て、インフルエンザかと思い病院行って調べんだけど違って、普通の抗生剤だけもらったけど直らなくて今4日目、まだ37.5度くらいの熱っす。

昨日は外せない用事があって38.5度くらいあったけど新幹線で某所まで往復。新大阪戻って家に帰ろうと思ってたのにミーティングするからと連絡。

死にそうだからミーティングからは逃げる気まんまんだったのに、相手は相手で追い込み掛けられててこっちの体調なんて二の次になってて僕の居場所まで押しかけて来やがった。

ほんで、今日再度ダウン。

これやっぱりインフルエンザじゃないの?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

良いお年を

もう年末ぎりぎりのこれから紅白見るかという年末です。
ポストする頃にはもうはじまってだいぶ経った頃か。

去年は母親を亡くすという人生の一大区切りがあり、その他もろもろ家族周辺が大変でしたが今年は一気に自分にガタが来た感じでした。

あちこち体痛めたり疲労しながら何とか乗り切った感じでほっとしてたら12月に入って◯十肩になって、腕が上がらなくなって、しみじみ歳取ったなあと思っております。

ということで皆さん良いお年を。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

いじめ問題、勃発

どうもうちの子がいじめられているらしいという話が学校からあった。実は去年、暴力的というと少し言葉がきついかなという軽いいじめにあっていた。その延長かなと思って話を小学校の担任に聞くとそうではなくて、どうやら集団から陰湿と言っていいのかな?というレベル感のいじめにあっている可能性があるらしい。

こりゃこまった。

親として感づいているところはちょっとあって、学校に相談しようと思っていた矢先に、見えにくかったいじめが顕在化する事件が起きた。簡単に言うとうちの子が濡れ衣を着せられて悪者にされ、集団で糾弾されるという事態が発生した。

最初は濡れ衣じゃないのでは?と親の僕も半分疑ってたのだが、学校に出向き話を聞いて状況証拠を照らすとうちの子は悪者では無いことがわかってきた。当初は親も担任も濡れ衣か否かに確証が持てなかったが、濡れ衣が証明できて一安心。

そうなると自分の子のメンタル面が気になってくる。しかし、担任はうちの子のメンタル面よりは、いじめてる側の人員構成が少し浮き彫りになりそちらの状況が気になりだしたようで、対応の話に食い違いが出だした。立場の違いは理解するが、ちょい不満。

幸い、昨年のいじめからうちの子に目を掛けてくれている教諭が同席してくれてこちらの懸念に理解を示し、連絡を密に取りながら様子見となった。うちの子は割とメンタル面は良く言えば強い、悪く言えば鈍いので深く食い込まず様子見で大丈夫かなという意見で一致した。

正義の味方みたいな元気者の女の子がクラスにいて、家が近所で前から仲が良かったというのもあるんだけど、誰に言われるでもなくうちの子をフォローしてくれてるらしい。ありがたい、うちの子の嫁に欲しいw。

そんな感じでここ数週間、気が気じゃなかったんですよ。

あと、細かい話は抜いてるけど、小学校といえど社会の縮図、洒落て言えばフラクタルな構造なんだな世の中ってと思う次第で。

ああ、やだやだ。

テーマ : "いじめ"問題
ジャンル : 学校・教育

禁断の「女子会」議事を入手

我々が参加することが出来ない職場の秘密会合「女子会」の議事を参加者から入手することに成功した。

様々な議題について喧々諤々の議論されているであろう女子会、中でも重要な議題は「うちの部署ではカッコイイのは誰」ランキング格付け。

その禁断の格付け結果のトップ数人のデータを入手した。

S氏、O氏、Y氏ふむまあそうだよな、I氏、Y氏、って何故?爬虫類とかぬいぐるみ好き??、ほんでN氏。

エヌ氏?

え、俺?

---

まあ、なんというか無自覚だったおっさんなんですが、そんな風に見られてたことに驚きを覚えます。
うん、本当に無自覚です。ってかむしろランキング下位だと思ってましたほんとに。

うん、自慢なんですけどね。

「ちなみにあっちの部署のY氏、彼は自分で自分の事かっけーと思ってると思うし、男の目から見てもモテモテ王国の住人に見えるのだけどどう?」と聞いたら「笑っちゃった」だって。

女子会、怖いお。

※問題があるかもしれないので本エントリーそのうち消すかも

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

多くを知らなかった家族の原点

母親が亡くなって、父親の様子を見に実家に良く行くようになった。掃除洗濯料理等の家事は一通りこなす父なので、まあまあ小奇麗な生活をしてて一安心。

ところで僕は父の父、つまり祖父の顔を知らない。僕が生まれる2年前に亡くなったらしいのだけど、その祖父の写真が今日実家に行ったらあった。父親が家を片付けてたら出てきたらしい。

戦中は某軍港に居たとか戦艦陸奥に乗ってたとかそんな事は聞いてたが、どうも海軍所属の職業軍人(という言い方が正しいのか?)だったらしい。今日はじめて聞いた。

写真はたぶん戦中の写真だと思うので爺さんは2-30代くらいだろうか?NHKの特集とかで懐古的な感じで「○○少尉はこのとき・・」みたいなナレーションが付きそうな将校っぽい格好で、ご立派な感じで写ってた。髭はやしてていかつい。

時間的に僕とは接点が無かった爺ちゃんなのでご先祖様といった感覚に近いものがあるのだけど、あまり多くを知らないもんだな家族の原点について。聞かされてなかったというか。

その写真をちょっと懐かしそうな目で見ている父を見て、今度いろいろ聞いてやるかと思った。爺さんは造船技師だったのでうちの家系は理科系が多いんだろう的な事を誰かから聞いたことがあるんだけど、軍属のエンジニア?テム・レイ的立場?とか想像が膨らむ。

聞いてやるかというより知っといたほうがいいかな、という感じか。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

駄菓子屋で売ってたパチンコ

まだ僕が子供の頃は、駄菓子屋というのがかろうじてあった時代でした。

僕の駄菓子屋のイメージは、ちびまる子に出てくる紐の先についた飴みたいなのを売ってる場所というよりは、どっちかというとアウトローなグッズ、例えばパチンコ(かっこ良く言うとスリングショットね)とか銀球鉄砲とか、巻いた火薬の紙でパンッと音が鳴るあれ正式名称なんていうんだろうな?とか地面とかに投げつけたら爆発する癇癪玉なんて奴が売ってる、男の子の夢が詰まった場所でした。

他には、アイスを買うとですね、そのアイスの棒を組み立てると竹とんぼになるなんて素敵なものも売ってました。いやもう、当時は素敵すぎて何個も持ってました。駄菓子屋以外でも売ってたけどそれは。

で、なんとなくだけどその頃、駄菓子屋と文房具屋が似たようなポジションで勝負?と言っていいのかな?をしていたような記憶があります。今日はどっちに行く?みたいな。例えば、みんな大好きスーパーカー消しゴムは文房具屋で売ってたけど駄菓子屋には無かったみたいなあったみたいな。

いやね、どこで知ったか知らないけど息子が「パチンコ欲しい」とか言い出したんですよ。ちょっと調べると、僕が子供の頃に手にしていたようなY字型の棒にゴムが付いたようなおもちゃっぽいのなんて全然売ってなくって、本格的なスリングショットしかヒットしない。しかも危険玩具扱い。

実際、親の立場としては持って欲しくないなあと思うも、僕が同じ年くらいの時はそんなので遊んでたしな~。どーも生きにくい時代だ。

仕方が無いので、針金ハンガーを加工して100円ショップで太めのゴム買って、簡単なパチンコを作って上げました。よく考えたらパチンコって駄菓子屋で買うものじゃなくって拾ってきた枝なんかで作るもんだよね。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

自分の立ち位置

僕の中学時代からの友人F君が小学生の時、隣の小学校区の公園に行って野球をしてたら、いつもその公園を遊び場としている他校の小学生グループと場所の取り合いでケンカになった。

「ここは俺らの場所や帰れ」
「先に野球してたんは俺らや、お前らこそどっかいけ」
みたいなケンカ。

双方人数も多いため、どちらかが引くという雰囲気にならず小突きあいのようなケンカが続き、両グループとも武器になる金属バットを持ってるので、このままいけばケガ人出る殴り合いになりそうな険悪な雰囲気。

・・F君はその時、相手グループの中にケンカに入ってこないで皆の後ろで壁にだるそうにもたれかけながら、野球のボールを自分のグローブにパンッ、パンッと叩きつけて眺めてる奴が目にとまったそうだ。

帽子を目深にかぶってその表情は分からないが、口元が薄く笑ってる。

「こいつが出てきたらヤバイぞこれ・・」F君は直感したそうだ。「ちょっとあっち見ろ」と仲間にそいつの存在を知らせる。F君の仲間も徐々にそいつの存在に気づきはじめる。

「オラオラッ」とか牽制し合いながらも、背後のあいつが気になる。「あいつはやばそうや・・」徐々に皆の間に恐怖が広がりはじめる。「このまま続けたら殺られる・・」

恐怖に支配されたF君グループは徐々に後ずさりをはじめ、「今日は帰ったるわっ」と捨てぜりふを残して一気に逃げ帰った。

逃げ帰り「あのままやったら殺られてた、冷や汗もんや・・」、自分達のテリトリーに帰ったF君達グループは安堵し、二度とその公園には行かなかったそうだ。

惨状は回避できた。

---

さてその「やばそうなあいつ・・」は、あのままケンカが続けばどうしてたのか。

実はあいつは「ふう・・助かった」と胸をなでおろしてたそうな。「ケンカ始まったけど怖いよどうしよ、俺弱いし逃げやすい位置に移動しとこ」とあいつは思ったんだと、その後F君は進学した中学で「あいつ」に出会い知ることになります。

つまり「あいつ」は見掛け倒しだったんですね。相手グループ全員に恐怖を覚えさせる圧倒的見掛け倒し力。

・・「あいつ」はなんと僕でした。薄ら笑いを浮かべていた訳じゃなく顔が引きつってたんだよねきっと。

最近、自分の立ち位置を改めて見つめなおした時にその時の事を少し思い出しました。

※F君、年賀状もらったけど喪中で出してなくて、なおかつ連絡もしないでごめん。

テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

買い物する正月

年が明けました。

一昨年末から去年末まで、家族が次々に手術入院と続いてたのが昨年末の母の死をもってぷつりと止まった。
長い休みはここしばらく誰かの看病とか通院補助とかばかりだったんだけど、そうじゃない久々の休みだったんだよね。

なんか張ってた気が抜けて、時間を持って余して、それが買い物に向かってしまった。

プリンター2台(壊れた)、掃除機(これも壊れた)、ノートパソコン一台。
あと服とか靴とか、ちょっと僕にしてはお高い目のを。

これらを買いに出かける度にリーズナブルと言いながらもちょっとしゃれたお店で少々値が張るものを家族で食ったりでずるずると出費。

その他、あれこれ欲しいなと思ってた細々したものをいろいろ買ってて積み上げると結構な金額。

話に落ちはないんですが、そんな最近です。

テーマ : 新年のご挨拶。
ジャンル : 日記

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。