miix2 8 のWin8ログイン画面でサインインしようとするとキーボードが使えなくなった

Windows8タブレットのmiix2、スリープ死問題が解決してから割と使用頻度が上がってたんですが、ここ一週間くらい、何かがきっかけで起動時のログイン画面?というのかな、パスワードもしくはpinを入れる画面でキーボードが出てくるのだけど、それが使えない。

見た目グレーアウトした状態でどうにもできなくなってしまった。

ログインできないからもうどうしようもないとあれこれいじってたら、画面の左にある「ナレーター」とか「拡大鏡」とか、ユーザ補助を呼び出すボタンをタップした後に再度ログインをしようとパスワード、もしくはpinを入れるところをタップするとキーボードがアクティブな状態になってログインできることを発見した。(わかりにくいな)

しかし、ログインしようとする度にこの変な儀式が居るもんだからそれはそれなりにめんどくさい。しかし解決方法がどうしても分からずに一週間ほどそのまま使い続けていたら以下の記事を発見。

PC のリフレッシュ後のログイン画面でタッチキーボードがグレーアウトする (Windows 8.1)

HPのサイトです。
これ、問題の多いmiix2の特有のまた何かだろうかと思っていて調べていたのでここに到達しなかった


Vodafone UK / Freedom Freebee SIM をSIMフリーiPhone6に装着

ということで英国からです。

昨日のエントリーでもう止め、とか書いたんですが、やっぱりプリペイドSIMことPay As You Go SIMをSIMフリーiPhone6に付けたい衝動に駆られて、ちょっと街中に行って英国現地キャリアのお店をブラブラ、街中には結構沢山キャリアのお店が乱立している。そんな中、Vodafoneのお店のお姉さんにこんなプランを紹介されました。

iphone6_vodaphone_uk_1.png


VodafoneではPay As You GoじゃなくてFreedom Freebeeというらしい。一番左端のプランが150minの通話、テキスト無制限、500MBまでのデータ通信が可能なSIMで価格も10ポンドで他のキャリアで見たプラン(大体15ポンドくらい)より安い。

が、20ポンド以上の奴は4G LTEなのにこれは3Gかとか、でも4Gプランだとあと数日で帰国なのに2GBも通信せんよなぁとか(日本だと僕の場合毎月2GB以下)思い悩む。でもせっかくシムフリアイポン買ったしなぁとかうだうだ悩んでるとお店のお姉さんが3Gでもここらへんなら割と速いとかなんとか言うので買っちゃいました。

店の端末でアクティベートのためのセッティングとか電話番号を決めたりして、ついでにSIMも装着してもらって10分くらいで終了。「20分くらいでアクティベートが終わって使えるようになるから」と言われ店を後にしました。

近くのスタバでコーヒー飲みながら待ってたら幾つかSMSでメッセージが飛んできてvodafone UK 3Gの文字が画面上にキタ。

が、ネットが繋がらない・・・orz

いろいろ設定見たけどどこだか良く分からないので、買ったお店に戻ると、どうもapnの設定がおかしかったらしい。

vodafoneのSIMを差し込んだらiphoneの場合自動で設定が入るとお店の人は言ってたけど、そのデフォルトのapnが最初は「wap.vodafone.co.uk」となっててこれが間違いだったそうな。これを「pp.vodafone.co.uk」と変えたら繋がるようになりました。

通話も150分できるけどこれは英国国内だけで日本の番号に掛けてみると制限されてまっせとかメッセージが流れる。プラスいくらかで解除もできるのだけどでも日本から掛けてもらう分にはちゃんと掛かります。3GでFacetime Audioで通話を試したら割と普通に話ができたのでまぁ問題ないかな。

ということでip電話の番号あれば完璧だなと思った今日でした。

SIMフリー iphone6 購入

英国から記事の投稿でござる。

今回の渡英は今年3回目。通信手段が無いと困るのでこれまで2回は日本で3Gルーターを借りて行ってたのだけど、ちょっと割高。あと荷物が増える。

英国ではPay As You GoというプリペイドのSIMが売ってるというのは知ってたのだけど、どこで買えるのか良く分からなかったのでまぁいいやと思ってたら、前回帰国時に空港のコンビニでそれが売ってたのを発見したので、今回の渡英ではSIMフリーもののスマホを持ち込みたいと思っておりました、nexus5あたりを。

ところがnexus5が在庫があまりなくって、E-Mobile、Y!Mobileもののnexus5もSIMロックされていないので、中古というか新古のnexus5を買おうとか思ってた、そんなときにiPhone6発売。

auのiPhone5を来年の4月まで2年縛りで持ってるので欲しいと思うもののちょっと買うのは勿体無いなと思っていたのだけど、Apple Storeで売ってるSIMフリーiphone6はauでも使えるので思い切って買いました。

ほんとは16GBのストレージで僕は十分なのだけど、在庫が無くて64GBものを購入。

で、渡英。今回は前回降りた空港と違うところだったのだけど、前回降りたところより都会なので空港のコンビニで売ってるだろうと思ったら、コンビニでは売ってなくって自販機が別のターミナルにあるけど今は壊れてるといわれ、ホテルに着いてから近所にあるTESCOというコンビニの大きめのところに行くと幾つかPay As You Go SIMを数種類発見したもののiPhoneに使えるnano SIM のものが無くって、店のおっちゃんに聞いても良く分からなかったので、諦め・・・

今日、でっかいショッピングモールに行ったらようやくプリペイド nano SIMを発見したのだけど、すでに旅程の半分が過ぎて、さらにホテルや訪問先ではWiFiが使えるのもあり勿体無いので今回は買うのは諦めることにしました。
それ以外でも、けっこうあちこちでFree WiFiが使えて困らなかったりもします。

さてそんな感じで使ってるiPhone6の印象ですが・・・・

・正直、でかい。僕は手はでかいので困らないのだけど、それでも手に余る。
・落としてわっちゃいそう。ガラス面のエッジの加工が変わったのでガラス面を守るものがなく、落としたらもろ衝撃がきそうで怖い。
・デザインがダサい。僕はアポー信者ではないけど、新しいiPhone使ってるゼ!という感覚にどうもなれないのはデザインのせいな気がする。

うん、正直iPhone6発売と同時にやけに値段が下がったSIMフリーiPhone5Sでよかったかなと、軽く思っています。


デスマーチが響くのを見た、その後

デスマーチが響くのを見た、のその後です。

作ったシステムを他のシステムと結合というところで大問題発生、しかし別の手立てでなんとか動くものはできました。

僕はこれで納品でいいんだけど、何故かめでたしめでたしとならず。今回は本来仕上げるべきものにどうも開発先の会社が社運を掛けていたらしく、開発先の偉いさんがそれじゃダメと開発者に詰め寄って板ばさみになったらしい。

板ばさみになって偉いさんに下手に言い訳した開発の人が、どうも発注元(僕)に落ち度があって開発が遅れたみたいなことを言ったらしく、それを相手の偉いさんが僕に詰め寄ってきた。だけど、全くもって濡れ衣なので僕はわけわかんないので???状態。

状況を理解して整理するのに半日掛った。なんで状況を僕が推察して整理せにゃならんのだと思いつつ。

結局契約書に全部書いてあるとおりだったので、相手も納得して一安心だと思ってコーヒー飲んでたら、たぶんまたまた怒られたであろう開発の人から電話。超長電話。

もう何言ってるか分からない状態。「**さん(俺)の想いは分かりました、努力します!」とか言ってるんだけど、想いもなにも無いよ。今の出来でいいしちゃんとここで支払うって言ってるのに、本来の開発物を仕上げるお時間を頂けて幸せですみたいな感じになってる。

そこそこいいものに仕上げて僕は頑張ってくれたと感謝してるのに、自分で自分の首絞めないと偉いさんが納得しないんだろうなあ。

落とし所をそこにしないとダメみたいだから付き合ってあげるけど、一番悪いのは相手の会社のえらいさん。そこに何で僕が気を使わないとダメなのだろう??

・・と文章にまとめてなんとなくすっきりしたので寝ます。

Office365を仕方なく使ってるのだがSSL/TLSで引っかかる

最近、使いたいわけでもなくOffice365でメールを使うことになったのだけど、私のメール物のソフトがいっせいに動かなくなってしまった。まあ、めるちゃかとかこれとか。

Office365は最近の流儀に従って基本、SSL/TLSでの通信になるのだけど、ややこしいのがSMTPの場合SMTP over SSL(SMTPS)ではダメで、STARTTLSじゃないと動かないらしい。前者は最初からSSLでSocketのコネクションを張るのだけど、SARTTLSは最初は通常のASCIIでの通信で開始して、SARTTLSという指示と共にSSLを開始するという手法。私のメール物ソフトはこれまでSARTTLSには対応させてなかった。

というのも今まで見てきたどんなメールサーバーも基本両方に対応してたから、必要性を感じなかったので・・・

そこでSTARTTLSに対応させてみた。理屈は簡単で、クライアント(メールソフト)からSTARTTLSと送って、肯定応答、今回の場合220 STARTTLS Readyみたいな応答がきたらそこでSSLのハンドシェイクを開始する、普通のSMTP over SSLはじめるだけ。

軽く実装して最初にGMAILで実験すると成功。さてOffice365でと思うと・・動かん、なんで?SSLの実装にはSSPIというMicrosoftのAPI使ってるし、相性悪いとか無いよな・・・

で、いろいろ調べてみると、Office365のSSLの暗号化キーみたいなのがとんでもなく長くってそこでエラーを起こしていたようだ。要は私のソフト郡が長めのキーに対応できないバグを持ってて、それを見つけることができてよかったのだけど・・・(もともと、MSのサンプルコードを参考にしてたんで同じ問題に直面する人いるのではないかな)

ということで、そのうち新しくなったこれらのソフト、上げます。

miix2 8のスリープ死が直った

Windows8.1タブレット、lenovoのmiix2 8を買って数ヶ月経ちました。その数ヶ月目のレビューです。

今僕の手元には数台ノートパソコンがあって、

Lenovo ThinkPad Edge 11(いろんなのの母艦とか写真とかのデータ置き場)
Panasonic Let's Note CF-R6(事実上メインPC)

みたいな感じで主に使ってるのですが、結局CF-R6ばかりつかっててmiix2はCF-R6が熱暴走してどうしようも無いときに変わりにWeb徘徊用に使うみたいなポジションに落着いています。CF-Rシリーズは偉大です、熱暴走するけど。

miix2の稼働率はいまいち高くない。その理由のひとつに、このタブレット特有のスリープ死問題があります。スリープさせてしばらくした後に使おうとWindowsボタンを押しても復帰しないという致命的な問題。Vivo Tab 8もちょっと触ったんですが、この手の問題はありませんでした。

正確には、ボタンを押したときにバイブレーションがブルブルっとなるので機器としては生きてるみたいなのですが、画面が出てこないのでどうしようもなく、電源ボタンを長押しして(10秒)いったん電源を落としてから再起動をせざるを得ず、なんとも使う気にならない状況になっていたからでした。

症状としては、スリープ状態で充電しつつ一晩置いた次の日に復帰させようとすると、概ね9割程度の確率でこのスリープ死状態になっていました。

直そうと再セットアップ掛けたり、諸々設定変えたりしてるうちに、以下の設定でスリープ死がなくなりました。

コントロールパネル
 →デバイスマネージャー
  →ネットワークアダプター
   →Broadcom 802.11abgn Wireless SDIO Adapter
    →プロパティ
     →詳細設定
      →プロパティ:Wake Up Mode で値:Wake up Frameに設定

Wake on Lan に関する設定のようですが、なぜこれでスリープ死が無くなったのかはよく分かりません。

これで「ちょっと出かけるからパソコンは重いしmiix2持っていくか・・・」程度には稼働率が最近は上がっています。これまではもっていこうとしたら死んでるからそんな気になれなかったのだけどね。

デスマーチが響くのを見た

今日、とあるシステム構築を頼んでいる某社に連絡を入れて追加の発注を頼もうと思ったら、開口一番「おおおお・・折り入ってご相談がありまして・・・」と切り出され、少なくとも要所要所のマイルストーンでの進達は順調そうなのでなんだろうと思って来るのを待ってたら、担当者だけではなくちょっと偉いさんも一緒に来て、

「(僕らが)別の会社に発注しているシステムとの連携APIが・・動かないのが分かりました」

と青ざめた顔で報告が。
うん、非常に基本的なところ。例えるとHTTP接続みたいな、誰もが当たり前だと思ってるところでの接続がうまく行かないみたいな感じ。

形式上は彼らは二次下請けで、本来一次下請けに報告してそこから僕に話が上がるべきなんだけど、一次下請けに報告したら猛烈な責めに合うから、パソコンに詳しいおっさん的スタンスで接してる発注元の僕なら、システムは分からずとも心で納得してくれ、一次請けも抑えてくれると思って思って来たんだろうなあ。

最初は見るからに文字通り青ざめた感じで来て、あまりに青ざめてたんで、

「別の手立てで納期までに何とかしたらいい」

ということで帰ってもらったんだけど、たぶん納期まで不眠不休になると思われるにも関わらず喜んで帰っていった様に見えて、「嗚呼デスマーチってのはこうやって常態化するんだろふな」と妙に納得してしまいました。

あ、でも問題は要件をちゃんと確認しなかったというプロセスの問題+たぶんリカバリーできない技術力。よく前者のような問題がこの手のデスマーチ問題では言われるけど、根本的に後者だとおもた。

いくつか社内外含めてみてきたけど「どうせ発注元は分からんからシステムは」的なちょっと卑屈な傲慢さに実際は技術力がついていってないことが自分で分かってない、みたいな問題・・かな。

更新が滞ってるので

維持カキコ。
書きたいことあるのだけど、人間関係的な愚痴になるので書きにくいネ。

備忘録20140605

某プロジェクトでサブプロセスのコンセプトミスからプロジェクトのメインプロセスに機能追加しないといけなくなった。

本来ならアホなコンセプトミスなのでメインプロセスに影響でないようにサブプロセスを切るべきだが、コンセプトミスしたのがプロジェクトリーダーでミスを認めないから、メインプロセスに機能追加せねばならんのだ。

やるべきは最小限に被害を抑えるための機能追加にするか、プロジェクトリーダーを更迭するように仕向けてサブプロセスを切るか、くらいか。

というような話が10個くらい重なると、解決すべき組み合わせが指数的に増えてわからなくなってくる。

さて、どうするか・・・。

iPhoneでアプリが待機中のままで削除出来なくなって困った件

iPhone5 をiOS7.1にアップデートしたら、そのタイミングで随分前に削除したMapFanのアイコンが出るようになった。随分前というより、iPhone4の時に入れてたやつだと思うけど何故か復活。

ところがアイコンがちょっとおかしい。全体に黒い感じにマスクされてる。グレーアウトというか。押してもアプリは起動しない。

気持ち悪いし削除しようとアイコンを長押して×マークを押して削除を試みる。しかし削除できない。

よく見ると他にも復活しているアプリがあるけど、それらはアイコン表示も普通で削除もできる。しかしこのMapFanだけおかしい。

iTunesで同期させたら治るかなとパソコンとつなぐと、逆にこのMapFanのインストールが始まってしまった。とりあえず同期が終わるまで待つが、iPhoneの画面上では相変わらず黒っぽい変なアイコンで削除できない。今度はアイコンの下の文字がMapFanでは無くて待機中、となってる。

そこから数日ほったらかしにして見てると「MapFan」と「待機中」の時がある。

後日再度同期を試みるも、またインストールが始まって待機中のまま黒っぽいアイコン。

実害は無いみたいだけど気持ち悪いのでなんとか消したい。ネット上を調べると似たような症状は稀に見られる現象のようだ。対処法として、

・電源を切って入れなおす、ホームと電源ボタン同時長押で再起動かけると消える
・フライトモードにして戻してみると消える
・他に新たにアプリを入れると消える
・復元をかけると消える
・AppStoreから入れなおす(※既にMapFanはAppStoreには無く、後継アプリに変わってた)

等々の情報があったんですが全部だめ。
あとは、

・downloads.28.sqlitedbファイルがうんたらかんたら
・最後の手段、初期化

とかあったんですが、初期化は避けたい。

情報に無かった試みとして一年前くらい前の復元用のバックアップデータが交換して放置してたハードディスク上に残ってたんで、それで復元をかけてみた。結構最後の手段だというくらいの勢いでやったんだけどこれもダメ。亡霊のように黒いアイコンが出てくる。

他にiPhoneを接続した状態でiTunes側で「App」タブのところでMapFanの削除しようと思ったけど、iTunes側で見るとインストールされていないという事になってるらしく、削除が選べない。

うーん困った。

もう仕方がないのでこのまま放置しようと諦めて、メンテナンスしようとiTunes側で他に幾つか要らないアプリがあるので削除を選んで同期させたら、なんとそこでどうしても消えなかったMapFanが消えましたとさ。

さらっと書いてるけどここまで数日かかりました。たぶん同じ症状の人でもこれでダメな人もいるだろうなあ。

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター