スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CF-R6もWindows10化

古いLet's Note CF-R7を今だ家では使っています。OSはWindows10 Pro、一回アップグレードインストールでWindows10にしたんですがSSDが飛んでしまってクリーンインストールしなおしています。

もう一つ持ってる同じ形のLet's Note、CF-R6は夏場の発熱によるパフォーマンス低下が激しくほぼ使ってないものの、たまにWindows7が必要なソフトがあったりするのでそのまま置いてたんですが、Windows10の無料アップグレード期限も近づいてきたのもあり、とりあえず一度Windows10化することにしました。

最新のMedia Creation Toolで作ったisoイメージなら、Windows7のプロダクトキーを使ってクリーンインストールができるという事なので、それにて進める事に。

まず、なんかの時の復帰用にWindows7のドライブイメージをTrue Imageで丸ごとバックアップ。

次にMSから落としたWindows10のMedia Creation ToolでインストールDVD作ってそこからクリーンインストール。最初はインストール用のUSBを作ってそこからインストールしようとしたんですがうまくブートしませんでした。CF-R7はUSBブートで行けたんですけどね。BIOSの設定がまずいかと思ったのですが、あまり追及する気はないのでそこはさらっとDVDからインストールすることに。

途中プロダクトキーを入れる画面が出たので、ここでWindows7のプロダクトキーを入れたのですが・・・あれ、弾かれる。

ここで諦めてよかったんですが、なんとなくそのままプロダクトキー無しで一回Windows10をインストールしました。インストール後にプロダクトキー入れてみたらいいのかなと思って。しかしこの試みもあえなく撃沈。

ダメな予感はあったんですよね。僕が持っているWindows7のプロダクトキーはMultiple Activation Keys(MAK)で、もともとMAKのものはインストール後のOSからプロダクトキーを読めない等々、扱いが違うような気がしたので。この件もそれ以上は追及せず。

諦めてもう一回Windows7に戻して結局、

1.Windows7からWindows10に普通にアップグレード
2.アップグレード後に再度最初からクリーンインストール

という手順を踏みました。インストール作業を2回行うという無駄なのですが。
一度Windows7 -> Windows10にアップグレードしたら、その後は特にプロダクトキーが無くともクリーンインストールでプロダクトキーの入力をスキップしてもライセンス認証された状態でインストールされます。

古いCF-R6でドライバー関係がどの程度大丈夫かなと心配したんですが、概ね大丈夫で一つグラフィックス関係のエラーが出たくらいです。これもデバイスマネージャー上でドライバーの更新をしたらそのままサクッと認識されました。CF-R7はもっと沢山エラーが出てた気がします。

動作はどうかというと、まあ普通に動きます。
スポンサーサイト

新作ソフトWake On Lan Win

Wake On Lanというのは電源が落ちてるパソコンをLAN経由で遠隔から起動する仕組みです。対象となるパソコンではWake On Lan向けの設定が必要でちょこっとややこしいのですが、うまく使えば割と便利な機能。

起動させる側のパソコンなりスマホには対応のアプリが必要で、Windows向けにもいくつかソフトがあります・・・が、

1)ルーター超えができる(ブロードキャストアドレスの指定ができる)
2)コマンドラインから打てる

という私の要望に沿うものが見つからなかったので、自分で作ってみました。

https://sites.google.com/site/nsoftichimi/wakeonlanwin

使い方は、
WOLWin.exe 00:00:00:00:00:00 192.168.0.255 2304
みたいにコマンドラインで入れるんですが、この00:00:00:00:00:00のところは対象となるパソコンのLANカードのMACアドレスに置き換え、192.168.0.255はパソコンがつながっているLANのブロードキャストアドレスに置き換え、2304はマジックパケットを打つポート番号になります。最後の2304は省略できます。

上記サイトから落とされるファイルはWOLWin.zi_となってるんですが、拡張子をzipに変えて解凍してください。WOLWin.exeだけが入っています。zipのままアップロードしたら、ダウンロードしたときに私のパソコン環境ではマルウェア扱いされちゃいました。

大変でした中学受験

もう結果が出てから一か月以上経つんですが、この一年は中学受験が大変でした。

結果は第二志望の難関クラスに合格という微妙なところ。ただ第一志望はほぼ無理ってところを受けたので、実質狙い通りくらい。親としては、あー疲れた終わってよかったというのが感想。

僕はもともと中学受験させる気は無かったんですが、やって出来るなら受けていいんじゃないの程度で小4から塾通いをさせました。

中学受験塾はとにかく課題をこなさせて宿題をこなさせる。うちは塾通いを始めてから合格するまでちゃんと宿題をこなせませんでした。塾の基本姿勢は徹底的に詰め込む詰め込む。宿題があまりにこなせなくて塾の教師に文句言われて、中学受験を目指しながらも詰め込み教育に賛同できない親の僕が頭にきて喧嘩して、塾を3校移りました。

あまり良くない親ですね。

受験直前の成績は、国語がもう本当に全然だめで見たことないような低偏差値、算数と理科は波が大きいけど良い時は全国一位に突然なるみたいな超凸凹君。国語のひどさを算数と理科でカバーして総合点では塾の偏差値レベルで悪くはないのだけど上位のクラスには入れてもらえず、それ故に成績は悪くはない算数の一つ上のレベルの難問対策が出来なかったので、12月と1月は親の僕が難問対策を手伝って、本当に疲れました。

中学受験の算数と言えども難問になると理科系君の僕にも即答では歯が立たないものが結構あり、いやほんと苦労しました。

あー疲れた疲れた。

mineoをau版無印iPhone5 iOS9.1で運用開始

ムック本の付録SIMで試してたMVNOのmineoですが、今回月額の契約に移行しました。

データ通信のみのシングルタイプで3GB、月額900円+ユニバーサルサービス料になりますが、2015/10/30までに加入すると当面月額が-800円されるはず。付録SIMから移行したので初期手数料は無料です。

なお端末は余ってたauの無印iPhone5、mineoのサポート対象外です。OSのバージョンは最新のiOS9.1ですが一応、使えてます。以下はその動作状態の箇条書き。


  • そもそも、無印iPhone5にiOS9は重くないか?と思ってたけど、僕の感覚だと全然重くないです

  • mineoのSIMにプロファイルのセルラーペイロード版を入れると4Gで通信できます

  • 今日、大阪市営地下鉄でずっと使ってても使えました

  • ただ若干切れやすく稀に1xの表示になります。ちょっと長め待つと4Gの表示に戻りますが、これはmineoが4Gデータ通信のみサポートでau版iPhone5が使う電波帯の特性とカバーエリアの問題でしかたないかも

  • SMSオプションも無料なので付けました、宛先はSIMのカードに書いてある電話番号

  • でも実はタダではiPhoneではこのSMS機能は使えませんorz、設定>モバイルデータ通信で4GをOFFにすれば使えますが、意味ねぇ・・・

  • SMSオプションを付けたのはセルスタンバイの問題がこれで解消できるかもと思ったんですが、どうかな?

  • 一度4Gを切ると、私のiPhoneの場合機内モードにして戻すとかいろいろしても2度と4Gで繋がらず1xの表示のままです(アンテナピクトは立ってても)、iPhoneを再起動すると再接続します

  • テザリングはダメっぽい。auの回線でテザリングしたことがある端末ならできるとかいう情報も見たんですがダメ


といったったところですが、子供との連絡用(メッセージ、Facetime)には使えるのでこれを渡しています。

追記)
月額900*1.08(消費税)+2(ユニバーサルサービス料)-800*1.08(消費税分?)=110円/月 が9ヵ月(eo光加入者の場合、通常は6ヵ月)になってました。

MacBook(2015)のBootcampによるWindows10化における情報

あまり情報が無いようなので、MacBook(2015)のBootcampによるWindows10化に伴ってあまり情報が無いところをメモ的に書置きしておきます。

実は買っちゃってたんですよMacBookの金色。

Windows7を本当は入れるつもりだったのですがMacbookではサポートされてない、Windows8以上。そこでmiix2やCF-R7に入れたWindows10が結構いけたのでMacbookにもWin10を入れることにしました。

インストールはWindows8.1->Windows10という感じでBootcampのセオリー通りにアップグレード。

ただし英数・かなキーが効かないというトラブルがほぼもれなく発生するようです。僕もネット上にあった情報から対処。要はドライバーの再インストールで使えるようになります。

あまりネット上に無かった情報として・・・

- BlueTooth

Bootcamp上のWindows10では使えないだのという情報があったのですが、BlueToothマウスもBlueToothによるテザリングもできております。ただ、若干不安定なようです。運用で回避できるレベルかな。

- USB-C VGA Multiportアダプタ

オプションですが、USB-Cを使ったVGA出力アダプター、これがBootcamp上のWindows10から使えるか情報が無く不安な状態で買ったんですが、問題なく使えております。

以上、ご参考になれば

CF-R7をWindows10化

私の今のメインPCであるLet's note CF-R7をWindows7 -> Windows10にアップグレードしました。CF-R7は当面Windows7のままで使うつもりだったんですが、どこかで操作を間違えたみたいで、再起動したらWindows10へのアップグレードが始まってどうしようもなくなってそうしたってのが実情なのですが。

CF-R7の前にレノボのタブレット、miix2 8を既にWindows8.1 -> Windows10化してて、CF-R7は2台目のWindows10化マシンです。miix2はタブレットモードでのWin10、CF-R7はデスクトップマシンとしてのWin10といった感じで使い始めてます。

アップグレードについては、なんの問題も無く進みました。問題のありそうなドライバー周りもなにも無い感じで。

Let's note系の古いマシンのWindows10化でホイールパッドのホイールでのスクロールが使えなくなったというような話を見かけたのですが、僕はこの機能を使ってないので個人的には問題ありません。

動作速度的にもWindows7の時と印象は変わらない感じです。特に軽くなった気も無。CF-R7はちょっとクロック遅めのCore2なのですが、この世代のマシンでも使えるなーというところです。SSD化は・・してないと苦しいかな(Win7でもだけど)。

アプリケーション群はたいてい引き継がれて動きます。直前の記事で私のソフトの「めむおぷと」が動かないと書きましたが、これも動きました。Win7ではサービス登録してたんですが、これが引き継がれなかったみたいで再度設定したら動きました。

一部、ちょっとシステムに噛むソフトはダメなようで、多用している範囲では某社VPNソフトがダメで、私の作ったものではメニュー型ランチャーのPWEXEのコンテキストメニュー拡張がいまいちダメっぽい感じです。

とはいえ、大きく困ってるわけでもないのでこのままWindows10で行こうかと今は思っています。

Windows10対応状況

今のところ確認した、私のソフトの動作状況

BlogPad OK
めるちゃか OK
PWEXE OK
NIV OK
時限メモ OK
めむおぷと NG

ちなみに、Visual C++ 6はWindows10でも動く感じ、すごいね。

au 無印 iPhone5 (iOS8.4)でmineoのSIMを試す

mvnoのIIJmioに移って一ヶ月ですが、もともとはau系のmvnoであるmineoに移ろうと思ってました。

というのも、僕は元々au回線を使ってて、シムフリーのiPhone6を買ったので、auのiPhone5が手元に余ってて。これをいずれ子供に、嫁さんもauのiPhoneなんで2年縛り後にまとめてmineoにすれば安く済むなともくろんでいました。

これがiOS8になった時に軒並みau回線を使うmvnoが使えなくなり、この計画がおじゃんに。

ところが、IIJさんのこの記事で、なんとiOS8系でもプロファイルを書き換えることでau系のMVNOでもiPhoneが使えそうだとの情報、これに呼応するようにmineoさんのほうでもテストプロファイルがアップされたので僕も試したくなって、この本を買ってきました。

degimono.jpg


mineoのデータ通信nano simがおまけで付いてるムック本、500GBのデータ通信が出来ます、1500円。

で、結果ですが、これ入れて2日間一応継続して通信できてます。

僕のiPhone5は既にauのプロファイルは抜いた状態にしてました。wifi経由で上記のmineoのサイトからテストプロファイルをインストールし、電源を落としてsimを差し込んで起動すると、すんなり4G表示でLTEで接続されました。

ところがしばらくすると他の幾つかの報告にあったように4Gの表示が1xに変わり通信が出来なくなっちゃいました。

その後、これも幾つかの報告にあったようにネットワーク設定をリセットして再起動すると、その後は安定して4Gで継続通信が出来ています。

問題としてはテザリングは出来てない事。もしかしてシムフリーのPhone6だとこれはいけるのかな?気が向いたら試してみます。

config.sysを弄る的な楽しさです、なんか。

miix2 8がここに来てスリープ死なく安定して使えるようになった

なんだかんだと、わりと使ってるんですよね、miix2 8、いわゆるWindows8.1タブレット。

Windowsストアで手に入るアプリそのものはFacebookアプリがいまだ日本語に全然対応しないとか、アプリの充実度は相変わらずダメダメなんですが。

何か特別なアプリを使うとかじゃなくって、ブラウザーで今週のユニクロの特価品調べるとか、そんな使い方。最も良く使ってるのはテレbingかも、テレビ番組表アプリ。特にWindowsタブレットじゃなくってもいい使い方、きっとiPad持ってたら同じ使い方してると思います。iPad minも家にはあることはあるんだけど(僕のじゃない)。

このタブレットの最大の問題、スリープ死問題もここで書いたようにいったんマシになったんですが、それでも起きないわけでは無くってスリープ死した場合は電源を強制OFFして使ってて、それが普通の使い方になってたんですが、ここ一ヶ月ほど嘘みたいにスリープ死が起きてません。

Windows Update繰り返して安定するようになったのか、何故か理由は分からないんですが、ひとつ思い当たるのが電源の抜き差しのときに死んじゃう事があったので電源設定を変えたこと。どう変えたかと言うとバッテリー駆動のときと同じ設定に電源挿しているときも変えました。電源状態の変化点で固まってる気がしたので。

以上、どなたかのご参考になれば。

「めるちゃか」アップデート

・・・内々にはちょこちょこアップデートしてるんですが、久々に表立ってアップデートです、メールチェッカーのめるちゃか。
https://sites.google.com/site/nsoftichimi/nmailchk
Pop over SSL関係を強化したつもりです。
プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。