スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAY AS YOU GO SIM - EE

ee_pay_as_you_go_sim.jpg


イギリスに来てます。

去年来たときはVodafoneのFreedom Freebee というプランのプリペイドSIMを買ったんですが、今回はEEという会社(よく知らない)のPAY AS YOU GO SIMを買ってみました。いわゆるプリペイドSIMです。

£15で30日間、500分の通話(発信は英国内のみ、受信は海外からも可能)、2GBのデータ通信、テキストメッセージ(SMS)は無制限という物で、もう少し通信料が少なくて安い物とかいくつかパッケージが売ってたけど一週間ちょいの滞在なのでこれくらいあれば十分かなとこれをチョイス。前のVodafoneの奴は3Gだったけど、今度のEEのは4G LTEです。

EEというこの会社のSIMを買ったのは、単に空港コンビニで売ってたのがこれだけだったので特に理由なくこれを選択。前は違う空港で降りてて、空港のコンビニで売って無かったんですが、今回の空港コンビにでは写真のパッケージがiTunes Cardみたいにぶら下がってました。

パッケージに「This SIM works in all phones」と書いてあるものの明確にnano SIMと書いてないので、iPhone6で使えるか店のおっちゃんに聞いたのですが「よく知らん」と言われて「開けて見ていい?」と聞いたら開けていいというので見たら通常、micro、nano SIMの形に切り取れるようになってました。

いまいち分からなかったのが、買った時に最初「£0.99ね」とか言われて「パッケージに£15って書いているけど何故?」と聞いたら「Top Up(お金のチャージ)したいの?」と言われて「£15と書いてあるからこれ買ったんだけど」と言うと、オッチャンがなんかレジを操作して「合計£15.99」とか言われて、「え、£15だけじゃないの?」と言ったら「SIM代が£0.99」みたいに言われて釈然としないもそれで買いました。

ちなみに、他にSIMだけ1ポンドみたいなのも売ってて、これはSIMを買った後にTopUpするものだろうけど・・うーん良くわからん。

買った時に普通のレシートと一緒に「EE E-vouchar」というのが出てきて、そこに書いてある16ケタのPIN NUMBERが最初の設定で必要になります。

さて、その設定方法です。

SIMをまず入れ替えます。SIMを入れ替えるためにSIMスロットを開けるために細いピンが必要ですが、空港についてすぐに使いたい人はSIMスロットを開けられるようにSIM開けピンを持っていきましょう。僕は着いたらSIMスロットを即開けれるようにSIM開けピンの代わりに針金クリップをポケットに入れていきました。

電源を落としてSIMを交換して起動します。「SIMを入れ替えたらどうやって設定するかすぐにSMSメッセージが飛んでくるはず」とか店のおっちゃんが言ってたんですが、飛んでくる気配がありません。飛行機に乗っているときに「モバイルデータ通信」をOFFにしてて、どうもそれが原因のようでした(違うかもしれない)。

モバイルデータ通信をONにして再起動したら"EE"からメッセージが飛んできました。

「Welcome to EE. Your £15 Everything Pack will start when you call,text or browse and we'll take £15 from your credit...」とかなんとかかんとか。正直意味がわからん(英語がという意味ではなく)のですが、おそらく最初にもらったE-voucharのPIN NUMBERを入れて£15をチャージしたらそこから引くというような意味であろうと予測して、そうすることにしました。

ちなみに、電話番号は最初から付与されてて通話も普通にできます(Vodafoneの時はお店で設定したからかもしれないけど番号何にしたいかと聞かれた)。この電話番号と紐づいて各種設定はされるので、こちらの個人情報は何も入れなくても例えばE-voucharのPIN NUMBERも反映されます。

さっきのメッセージにはee.co.uk/startというURLを見ろ的なことが書いてあったのでそこに行きます。ちなみにTOP UPしていなくても初期状態でちょっとはデータ通信ができるようにSIMは設定されているので、この段階で普通に通信が使えてさっきのWEBサイトを見ることにできます。

で、そこを見ると幾つかTOP UPの方法が書いてあります。

一つは「150」と電話を掛け案内に従ってE-voucharのPIN NUMBERを入力する方法。もう一つはSMSで宛先「150」に「VO 123412342341234」という書式でPIN NUMBERを送る方法。

後者のほうが楽なのでそうすると直ぐにvoucher paymentが受け取られたみたいに返事がきます。次に最初にメッセージが来たEEからeverything packが使えるようになったよ、というメッセージが来てこれで完了。

普通にLTE通信が出来てテザリングも出来るので快適です。あっちのホテルはWiFi有料のところが多いのですがけっこうぼったくりで、それならプリペイドSIM使ったほうが安く済みます。

あと、E top up cardというクレジットカードサイズの磁気カードが同梱されています。13桁の番号が書いてありこれをSMSなどで登録するとコンビニなんかのTop Upのステッカーが貼ってあるお店でE top up cardを使ってお金を払うと、自分の番号にお金をチャージできるらしいのですが、どういうわけか僕はこのE top up cardのregisterが出来ませんでした。まあこのカードを使わなくてもE-voucharで番号をもらえば、恐らくTop up可能だと思うのですが。

以上、PAY AS YOU GO SIMは便利で安いんだけど、設定方法は決して楽じゃない、というか説明書きとかが優しくないなというお話でした。
スポンサーサイト

Let's Note CF-RZ4にAndroidを入れてみた、他レビュー

miix2にも入れたんですが、比較的サクサク使えるAndroidエミュレータのDuOSをLet's Note CF-RZ4に入れてみました。DuOSはAMI(BIOSのベンダーさん)が出してる有償のソフトですが30日は無償で使えます。

結果から言うとGPSも加速度センサも使えて、普通にAndroidとして動きます。機器そのものはCore Mのマシンでそこそこパワフルなので、DuOSもキビキビと動きます。

ちなみにCF-RZ4そのものはWindows8.1ではなく、もろもろの理由からWindows7にダウングレードして使っていますが、タッチパネルは普通に使えます。

miix2にDuOSを入れたときは、スリープから復帰するとAndroidの画面が鏡面に写した様に反転して使えなくなるという問題があったんですが、CF-RZ4ではその問題もなし。

DuOSそのものが若干不安定な気がしないでもないのですが、もう少し使ってみて大丈夫そうならDuOS買って使い続けてもいいかな。

以下は数日CF-RZ4使っての感想、

まあ普通に最新のマシンなので不満なく使えます。

画面解像度が1920x1200、これを10.1inchのディスプレイで使うので規定で文字サイズは150%に設定されているのですが、これだとアプリケーションウィンドウ全体が引き伸ばされたようになってボヤける物がある事を今回知りました。

具体的には・・自作のソフト群がぼやけるorz...

おそらく、アプリケーション側でdpi設定に対応できるように何らかの対処が必要なのでしょう。

このボヤけ具合が気持ち悪いので、画面表示は100%にして、老眼には苦しいながえら小さい文字と格闘することにしました。

ユニクロのDIMEトートバッグ相当品が見つからない

5年前にここで書いてるユニクロのDIMEトートバッグというものを買いました。

それ以降、数世代数タイプが販売されて僕は3世代ほど買いました、3990円が2990円に下がる時を狙って買ったり。基本丈夫だったのでそんなに買いかえる必要は無かったのですが、気分転換に買い変えられる値段でもあったので。

世代ごとに機能がちょっと変わったり、ちょいとコストダウンされたんだろうなあという変化があったりしたんですが、普段の通勤に非常に使い勝手が良く重宝していました。

同時期に同じユニクロとDIMEコラボのOver Nighet Bostonというのも買って、こっちは今もまだ使っていますが、トートバッグのほうは二年前位に別のバッグに買い換えたんですよね気分転換にと。

大失敗。

パソコン入れて運ぶことが多いのでいろんな雑誌で紹介されてる多機能3WAYビジネスバッグを買ったんですが、なんというかな、ポケットとか在りすぎても困ることが分かりました。

一年前にまたまた買い換えたんですよ、今度はほとんどポケットが無いオサレなのを。でもオサレなのは僕には向かないことが分かりました。

今、DIMEトートバッグ相当のものを探してるんですが、いまいちしっくり来るものがない。

ググったら似たような人が沢山いるみたいで。

Let's Note CF-RZ4購入

・・・仕事用だけど。

箱空けてパソコン外に出して数分で傷が入った。
どこにぶつけたかも分からず。

悲しい。

いやどうせレッツノは乱雑に扱うんだけどさ。

今のところの感想・・ホイールパッドにして欲しかった。
と言っても私はホイールパッドはオフで使うんだけどね。

ThinkPad Edge11でのIntel Management Engine Interfaceトラブル

ここで私のThinkPad Edge11が突然おかしくなったことを書きましたが、Windows7のデバイスマネージャーで見ると、Intel Management Engine Interfaceというのにビックリマーク「!」が付いているのに気づきました。

略してMEIとか言うらしいですが、こいつのトラブルでファンの回転調整が効かなくなることがあるらしく、症状が一致。Windows起動前からの症状なので、Bios周りがおかしいと思い、Biosのバージョンを落としたりあげたりしても症状は一向に良くならず、物によってはManagement Engine Interfaceのファームを起動できるマザーボードもあるらしいのですが、Edge11はそこまでできず、もう何もできない状態。

Intel Management Engine Verification Utilityというのでチェックもでき、やってみるとerror9258、error9259というのが出てManagement Engine Interfaceと通信できないという意味らしいけど対処は分からない。

諦めて廃棄することにします。中に食わせてたIntelの320シリーズの容量のでかいSSDを今抜き終えました。ついでにメモリも外しておこう・・・。

パソコン自体はまだ見た目も綺麗なんだけどねー。

中古でLet's Note CF-R7 を買ってしまった

私はLet's Note好きです。

年度末を迎える2-3月は企業のリースアウト品が大量に中古屋さんに並ぶ季節、企業ユースが多いLet's Noteの程度の良い中古を買おうと思ってる中古Let's Noteハンターさんが秋葉原と日本橋でうろうろしています。

今年はCF-N8やCF-N9あたりが中古品として大量に出回っています。CF-N*は光学ドライブが無いので一般には人気は無いでしょうが企業では多く使われているモデル。このあたりの機種は液晶が綺麗でそこそこCPUも動くので、HDDをSSDに変えてやるとそこそこ使えるLet's Noteが一台できちゃいます。

SSDに変えると高いのですが、Let's Noteハンターはそんな事は気にせずに買っちゃいます。

話が逸れた。

日本橋をうろうろ徘徊してたらCF-R7の比較的使用時間の短いものが10800円で売ってたので思わず買っちゃいました。見た目もわりと綺麗。

CF-R8も似たような値段であって、そっちのほうが標準搭載のメモリ量が型番によっては多いし、メモリがCF-R6/R7で使われているMicroDimmじゃなくSO-Dimmなのでいいんですが、長時間酷使されたものが多くて(Let's Noteの法人モデルはBIOSで使用時間が分かる)。

今は普段CF-R6を使ってるのですが夏場の熱暴走がひどいので、同程度の性能だけど冷却ファンの付いているCF-R7なら乗り切れるかなと思って。本当はCore-i7のCF-R9とかが欲しいところですが、中古市場では人気でいまだ高値なんですよね、これが。

こいつはWindows Vistaモデルなんですが、買って一度起動確認した後にすぐに分解して家に転がってた256のSSDに入れ替えて、使ってないWindows7のライセンスがいくつかあるので即Windows7化しました。メモリもCF-R6から1GB拝借。MicroDimmなんで買うと高い・・。

で、動かすとなんかCF-R6より動作がもっさり。CPU温度は冷却ファンのおかげでそんなに高くないんだけど、なんでだろ?

追記)

そういえば、CF-R7をWindows7化して一点、困ったのがFnキー+F1で画面輝度を落とすと、落としてしばらくすると、電源管理で設定している画面輝度に戻ってしまうこと。

Panasonicが公開している「Hotkey ドライバー」をアンインストールすると直りました。

理由は分からないんですが。

追記2)
Hotkeyドライバーをアンインストールしたら音が出なくなっちゃいました。改めて「Hotkey Appendix」アップデートプログラムを入れたら音も出て、画面輝度も調整できるようになりました。

国の予算を使った研究開発を全く独断で斬る-その1

前回のエントリーから一ヶ月以上空いたのですが、この間何をしていたのかというと本業のほうで偉い目にあっていました。本業は何かというと研究開発のお仕事、その予算の源は国から流れてきた助成金のようなもので、年度末の道路工事のように舞い込んで来たお仕事になります。

詳しくは書けないけど。

僕はここ数年、この手の国の予算で行う「****事業」とか「****補助事業」とかに直接、間接に関わってきました。

ただどれも予算的には大規模な割に内容的にはしょぼくって、何らかの課題を解決するとかいう物でもなく新しいチャレンジをするでも無く、事業を推進してる何らかの主体に居る人が自分(達)の居場所を作る為のもの、というある種の天下りに似た構造が背景にいずれも見え隠れしてます。

ここ一ヶ月は某有名大学から恫喝に近い状態で内容は「アホか」と思うような事をさせられ、愛想が尽きたので最後にテーブルをひっくり返す準備をしつつ、頭の整理がてらつらつらと思うところをシリーズで書いてみようと思います。

ようやく一息ついたので、今日はとりあえずその予告文書。

MacBook Air (Mid 2012)のSSDを128GBから240GBに換装

先日、僕が使ってるWindows機で最も高速なThinkPad Edge11の調子が狂ったので、MacBook Air (Mid 2012)にBootCampにてWindows7を入れて使うことにしました。

まず128GBのSSDを容量が大きいものに換装することから始めることにしました、MacとWindowsを共存させるにはちょっと苦しいなという感じだったので。

SSDは秋葉原近辺に行く用事があったので、秋葉館さんにてTranscend JetDrive520の240GBのものを購入しました。感覚的には普通のSATAの似た容量のSSDよりはちょっとお高いかな。しかし分解用の特殊ドライバーや交換した後に元のSSDを外付けに使えるケースも付いているので良しとします。

SSDの交換、取り付けは普段から趣味でパソコンを分解している人には何てこと無い作業です。

一番わかっていなかったのが、SSDデータの移動。普通のWindows機のときは僕はSSDのおまけとかで付いているTrueImageでデータのバックアップや移動を通常はしていますが、MACは初体験。

Macの場合、数パターンの方法があるというのを知りました。

パターン1:
元のSSDのデータを外付けのHDDとかにTimeMachineでバックアップしておいて、新しいSSDに交換後にTimeMachineから復元

パターン2:
ブート時の「フォーン」という音のあたりでOptionを押していると出てくるHDDのアイコンから「復旧 10-9」とかいうのを選んで出てくるディスクユーティリティを使ってUSB接続した新しいSSDにイメージコピー、そして分解、SSD交換。

他にもパターンがあるのかもしれませんが僕はパターン2の方法をとりました。

まず新品のSSDをUSBで外付けにして、ディスクユーティリティから消去→復元と進めていくだけでイメージコピーが終了します。操作はドラッグドロップで済んで、このあたりは流石Macという感じ。USB3接続の速さもあってか10分くらいでコピーは終わりました。

新たなSSDが出来たところでMBAを分解して交換。
ただちょっと失敗したのは、MBAの裏ぶたネジの本体側のネジ穴がアルミだからか弱くってバカにしてしまい、一本ですがまともに固定できなくなりました。無理に留めはしたんですが要注意ポイント。

あっけなくMacBook AirのSSD換装は終わりました。

そもそも、僕のMBAはリコールの対象で、まだしてなかったんですが・・これで対象外。

ThinkPad Edge11がまともに起動しなくなった

突然、諸々の母艦として使っているThinkPad Edge11がまともに起動しなくなった。
症状としては、

1.電源投入時の「ThinkPad」のロゴが出て画面がいったん黒くなる
2.ファンが猛烈に回転を始める
3.そのまま2-3分たってようやく「Windowsを起動しています」のアニメーション開始、ただファンは猛烈に回転
4.そこからは普通にWindows開始で特に問題なし、ファンが猛烈に回転する以外は

という感じ。僕はパソコンは蓋を閉じたらスリープ、そのまま20分くらい経ったら休止させるという使い方をしているのだけど休止からの復帰も同様。ただスリープ状態のときはファンが猛烈に回転。

使えないわけじゃないけど、使おうと思ったときに起動しないしなんせうるさい。最初はファンにホコリが詰まっているかとかSSD関係のトラブルか、メモリー関係かとかいろいろ疑ってパーツをとっかえひっかえしたけど、どれでもない感じ。BIOSも古くしたり新しくしたりしたけど変わらず。

いつ症状が悪化するか分からないのでデータは他に避難させて、またメインで使ってるPCは未だLet's Note CF-R6だったりするので困りはしないけど、まともに使えるWindows機が無いといえば無いのも困るので、急遽MacBook AirにBootcampでWindowsを入れて使えるようにしました。

Macbook AirでのBootcampを使ったWindows7は、キーアサインに慣れない以外はかなり快適。ただインストールにいろいろ困ったりもあり敷居が低いわけではなく、この辺はまたいずれ書こうかと思ってます。

国内外様々なサイトを見ていると、似て非なる症状を多く見かけるものの、これと言った解決策は見つからず、「lenovoは二度と買わない」という結論の内容が多い。

miix2 8 のWin8ログイン画面でサインインしようとするとキーボードが使えなくなった

Windows8タブレットのmiix2、スリープ死問題が解決してから割と使用頻度が上がってたんですが、ここ一週間くらい、何かがきっかけで起動時のログイン画面?というのかな、パスワードもしくはpinを入れる画面でキーボードが出てくるのだけど、それが使えない。

見た目グレーアウトした状態でどうにもできなくなってしまった。

ログインできないからもうどうしようもないとあれこれいじってたら、画面の左にある「ナレーター」とか「拡大鏡」とか、ユーザ補助を呼び出すボタンをタップした後に再度ログインをしようとパスワード、もしくはpinを入れるところをタップするとキーボードがアクティブな状態になってログインできることを発見した。(わかりにくいな)

しかし、ログインしようとする度にこの変な儀式が居るもんだからそれはそれなりにめんどくさい。しかし解決方法がどうしても分からずに一週間ほどそのまま使い続けていたら以下の記事を発見。

PC のリフレッシュ後のログイン画面でタッチキーボードがグレーアウトする (Windows 8.1)

HPのサイトです。
これ、問題の多いmiix2の特有のまた何かだろうかと思っていて調べていたのでここに到達しなかった


プロフィール

N-Soft

Author:N-Soft
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。